はちみつレモンの持つ嬉しい効果

運動部への差し入れの定番として有名なはちみつレモンですが、実は嬉しい美容効果をたっぷり期待できるスーパーフードでもあるのです。簡単に作れておいしい上に作り置きが可能なので、ぜひぜひ日々の美容に取り入れてみてください。

 

まず、具体的な効果についてです。レモンには疲労回復に効果的なクエン酸が豊富に含まれています。また、すべての食べもののなかでもそのビタミンの含有量の多さはひときわです。

 

そして、はちみつには便秘を解消する効果や肌あれを治す作用、また健康な身体を作る働きなどが期待できます。はちみつとレモンが互いに補い合うことで、もともと高い効果を持つこれらがさらなるポテンシャルを発揮してくれます。

 

こんな役立つ食べものですが、作り方はとっても簡単です。

 

まず、レモンをよく洗いましょう。国産のものなら、皮まで食べても大丈夫ですが、外国産のものを使う際はなるべく皮は剥いた方が安心です。よく洗ったレモンは輪切りにして、たっぷりのはちみつに浸します。

 

これをしっかり消毒したタッパーに入れたら冷蔵庫で冷やしましょう。一晩寝かせば完成です、冷蔵庫で保存すれば、3日程度は持ちますよ。

 

そのまま食べても良いですし、ヨーグルトなどといっしょに食べてもおいしいです。

 

 

 

はちみつ入りレモン酢で得られる効果とは?

はちみつとレモン酢の組み合わせは、ダイエット効果、高血圧予防、血流改善、疲労回復、免疫力アップ、美肌効果、ストレス緩和などの様々な健康効果を得る事が期待出来ます。

 

レモンや酢に豊富に含まれるクエン酸は、クエン酸回路と呼ばれる体内のエネルギー生産回路を効率よく回す効果があります。クエン酸回路が活発に回る事によって脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果を得る事が期待出来ます。

 

またクエン酸回路は疲労物質である乳酸が分解するので、疲労回復効果も期待できます。さらにはちみつの主成分はブドウ糖と果糖という構造が単純な単糖類なので、体内に入ると短時間で吸収され胃腸に負担をかけずに栄養分になります。

 

スポーツなどの運動後の肉体疲労などに対して、効率的に疲労回復効果が期待出来ます。レモン酢とはちみつの組み合わせは、疲労回復にとても適しています。

 

レモンに豊富に含まれるビタミンCにも様々な効果があり、細菌やウイルスの力を弱めたり、免疫細胞である白血球の働きを高める効果が期待できます。

 

免疫を正常化させる事によって、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑制する事が出来ます。他にもビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果や、コラーゲンの合成を活性化させるので、美肌効果が期待出来ます。

 

 

 

レモンとはちみつをホットで飲んでダイエット!

ダイエットするには食事制限と運動は欠かせないものですが、食事制限や運動はダイエットのためとはいえ中々続かないものです。

 

楽にダイエットするにはサプリメントを飲む方法など様々な方法がありますが、はちみつとレモンをホットで飲むだけでダイエットが期待できるのです。

 

寝る30分〜1時間前くらいに、はちみつを大さじ1杯100ccのお湯で溶かしてホットで飲みます。お湯で溶かしてホットにすると寒い冬はもちろん、夏でも身体が温まり、冷え性も改善することが期待できます。

 

はちみつはカロリーが高いので少々不安になりますが、はちみつには代謝を促すビタミンB群、ミネラル、アミノ酸などが多く含まれており、成長ホルモンが分泌されることで体脂肪を効率よく燃やすことができ、ダイエット効果も期待できるのです。

 

寝ている間は成長ホルモンが多く分泌されるため、寝る前にはちみつを飲むことはダイエットに有効と言えます。使うハチミツは加糖されたものではなく純ハチミツで、寝る直前ではなく1時間前くらいに飲み、睡眠時間は6〜7時間と良質な睡眠をとることがポイントです。

 

レモンを加えることで美容効果も期待でき、レモンは幸福感を与えるセロトニンの材料になり、ストレスを軽減することやリラックス効果、消化器官の働きを良くする効果なども期待できます。

 

 

 

紅茶に合うの?

爽やかで上品な甘さのはちみつレモンを紅茶にいれると、とても美味しいと人気です。作り方はとても簡単なので、時間があるときなどに作ってみるといいでしょう。

 

それでは、最初にはちみつレモンの作り方を紹介します。まず、レモンの皮をむいていきます。このときワタも一緒にとり果実だけにします。ワタは少しでも残っていると苦くなってしまうので、完全に取り除くようにします。

 

そして果肉を薄く切っていき、種を取り除いたら、煮沸消毒したビンの中に果肉をいれて、上からはちみつをゆっくりとかけていきます。はちみつは、できれば天然の純正のものを使用することをおすすめします。

 

レモン汁とはちみつがじわ〜とでてくるので、ビンいっぱいに満たされたら、ふたをして冷蔵庫に入れます。だいたい一週間ぐらいすると甘くなって食べられるようになります。

 

そのままでももちろん美味しいのですが、それを紅茶に入れることで、ちょっと高級感ただよう紅茶の味を楽しめます。こういう紅茶の楽しみ方があると発見するのは新鮮ではないのでしょうか。

 

紅茶好きな人にはうれしいアレンジかもしれません。とり置いておけば、いつでもビンから気軽にとりだしてカップに浮かべることができます。

 

 

 

以下のサイトを紹介

はちみつレモンの効果にまつわることをたくさん書きました。

 

はちみつに関して言えば、実は黒ずみ対策とも関係がないとも言えないものだったりします。

 

黒ずみをどうにかしていきたいと考えているなら、そういう情報が集まっているサイトを見てみると良いかもしれないですね。